民進・蓮舫代表「原発ゼロ」前倒し 党大会での年限明示を断念 連合と調整難航

 民進党の蓮舫代表は27日、次期衆院選公約として「2030年代」からの前倒しを検討してきた「原子力発電ゼロ」の達成目標時期について「年限より中身にこだわりたい」と述べ、3月12日の党大会での年限明示を見送る考えを示した。福島県飯舘村で記者団に答えた。

 党執行部は「2030年」への前倒しを模索してきたが、党内の合意形成や支持団体の連合との調整が難航し、断念した。

 これに関連し、野田佳彦幹事長は同日の記者会見で「党大会で決めるという執行部の決定は1回もない」と強調した。蓮舫氏の党大会でのあいさつについて「党内での手順、議論を踏まえた発言をすることになる」と述べた。

 衆院選に向けた「30年原発ゼロ」への意見集約については「丁寧な議論が必要なテーマ」と述べ、慎重に進めていく考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ