対潜戦を人知れず支援 海自関係者も考え込む敷設艦「むろと」の仕事とは

 【防衛最前線(111)】

 海中で隠密行動を展開し、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を搭載している潜水艦は、四方を海に囲まれた日本にとって大きな脅威だ。われわれの目につかない海面下では、国内外の潜水艦の間で駆け引きが繰り広げられている。

 海底にケーブルや観測機器などを設置する海上自衛隊の敷設艦「むろと」は、対潜水艦戦を有利に進めるためのデータ収集に努める支援艦だ。それだけに任務の機密性は非常に高く、海自関係者も思わず言葉に詰まるほどだ。

 潜水艦が活動する際は、音波が大きな役割を果たす。海中では電波がすぐに減衰して使い物にならないため、代わりに音波が通信や、真っ暗な海中での索敵などに用いられている。

 ただ、音波が海中を伝わる距離は一定ではない。水圧や水温、塩分濃度などによって異なり、それらは水深や潮流といった海中の環境に左右される。潜水艦の乗組員によると、冷え切った海中では音が非常にはっきりと聞こえ、逆に温かい海中では音によどみや曇りが生じるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ