稲田朋美防衛相「米韓間の協力、わが国は支持」 THAADの韓国配備に中国猛反発

 稲田朋美防衛相は3日午前の記者会見で、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に中国が強く反発している現状に関し、「中国がどういう意図かは承知していないが、米韓間の協力が進むことは地域の平和と安定に資するもので、わが国は支持している」と語った。

 稲田氏はまた、北朝鮮の核・ミサイル開発をふまえ、国内でもTHAAD導入の是非が議論されている状況について「選択肢の1つとして、排除することはない。防衛省で種々の検討を行っている」と述べるにとどめた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧