森友学園問題 「何かあったとき個人の問題では済まない」小泉進次郎氏

 自民党の小泉進次郎農林部会長は5日、学校法人「森友学園」が開校予定の小学校の名誉校長に安倍昭恵首相夫人が就任(のちに辞任)していたことをめぐり、夫人の活動に対する支援態勢を検討すべきだとの考えを示した。「何かがあったときに個人の問題では済まなくなる。この機会に首相夫人、もし将来、女性首相が誕生したら首相のご主人にあたる人を、どうサポートするかよく考えるべきだ」と述べた。都内で記者団に答えた。

 また、国会審議で首相夫人が公人か私人かが議論されている点については「どちらかだけでない。必ずしも公人の部分と私人の部分を分けられるものでない」とも指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧