稲田朋美防衛相「情報収集・警戒監視に万全を」と防衛省・自衛隊に指示 北朝鮮の弾道ミサイル発射情報受け

 北朝鮮が6日朝に4発の弾道ミサイルを発射し、うち3発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる情報を受け、稲田朋美防衛相は関係幹部会議を開くとともに、防衛省・自衛隊に対して「情報収集・警戒監視に万全を期せ」との指示を出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ