北朝鮮ミサイル発射 安倍晋三首相「断じて容認できない」 3発がEEZ落下

 安倍晋三首相は6日午前の参院予算委員会で、北朝鮮の弾道ミサイル発射について「安全保障上の挑発行為だ。安保理決議に明確に違反するもので、断じて容認できない」と非難し、米韓両国と緊密に連携しながら北朝鮮に自制を求めていく考えを示した。

 首相はまた、官邸で記者団に「北朝鮮が新たな脅威となったことを明確に示すものだ」と指摘。「北朝鮮が発射以前に新型ミサイルだと述べている。重大な関心を持って分析したい」と警戒感を示した。首相は▽情報収集・分析と国民への迅速・的確な情報提供▽航空機、船舶の安全確認徹底▽不測の事態に備えた万全の態勢-を指示した。

 政府は同日午前、北朝鮮西岸から同日午前7時34分ごろ、弾道ミサイル4発が発射され、そのうち3発が日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したと発表した。航空機や船舶への被害は確認されていない。政府は北朝鮮に外交ルートを通じて抗議するとともに、国家安全保障会議(NSC)を官邸で開くなど、情報収集と分析を急いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧