北ミサイル発射 岸田外相が米韓外相と個別会談 「国連で強いメッセージ」

 岸田文雄外相は6日午前、北朝鮮による同日の弾道ミサイル発射を受け、米国のティラーソン国務長官、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相とそれぞれ電話会談を行った。ティラーソン氏との会談では、国連安全保障理事会で北朝鮮を非難する強いメッセージを出すことを目指す方針で一致した。

 岸田氏はそれぞれの会談で、北朝鮮のミサイル発射について「地域および国際社会に対する明らかな挑発行為であり、断じて容認できない」と強調。北朝鮮にさらなる挑発行動の自制や、安保理決議の順守を求めていくことで一致した。

 岸田氏は会談後、記者団に対し、国連安保理決議に基づく追加制裁や独自制裁について「(米韓両国と)引き続き、緊密に連携していくことは確認した」と述べるにとどめた。また、事務レベルで中露両国との協議も検討していることも明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧