「私の家内は私人の部分多かった」民進・野田佳彦元幹事長が昭恵夫人と比較、「(昭恵夫人は)説明果たした方がいい」

 「歴代の首相夫人を一概にいえないが、私の家内の場合は、私人の部分の方が多かった」-。民進党の野田佳彦幹事長は6日の記者会見で、学校法人「森友学園」の名誉校長を辞任した安倍晋三首相の昭恵夫人と首相時代に自らを支えた仁美夫人をこう比較した。

 野田氏は会見で「首相になった瞬間は『覚悟をもってサポートしてほしい』と言った」と述べた。首相夫人として外遊に同行する際は外務省職員にサポートしてもらったとしながらも「それ以外は家庭の中で、私人としてサポートしていた」と語った。

 その上で、昭恵夫人について「いろんな形で、チャンスがあるなら説明(責任)を果たされたほうがいいだろう」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧