参院予算委員会 蓮舫氏、鬼門の「原発」で論戦 ドヤ顔で示したパネルを隠すハメに…

 参院予算委員会は6日、安倍晋三首相と関係閣僚が出席し、内外の諸情勢などに関する集中審議を実施した。久々に首相との直接対決に臨んだ民進党の蓮舫代表が、論戦の主要テーマに据えたのはエネルギー政策だった。蓮舫氏といえば、検討していた「2030年原発ゼロ」構想が連合や党内の反発で撤回に追い込まれたばかり。「鬼門」の政策課題をあえて選んだ結果はいかに-。(松本学)

 「原発再稼働を国民は支持しているとお考えか」

 1月30日の参院予算委以来となった「党首対決」で、蓮舫氏は厳しい口調で首相に迫った。

 質疑時間の約7割をエネルギー政策に費やしたのは「原発に頼らない社会」(民進党綱領)を目指す姿勢を鮮明にし、安倍政権との違いを際立たせることにあった。首相から「(再稼働に)国民的な支持が十分でないことは事実であろう」との答弁を引き出したところまでは、狙い通りの展開だったのだろう。

 だが、その後持ち出したデータで墓穴を掘った。

 「15年前倒しで(節電の)目標をクリアした!」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ