北ミサイル 稲田朋美防衛相がマティス、韓民求両氏と電話会談 緊密な協力で一致

 稲田朋美防衛相は7日朝、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて米国のマティス国防長官および韓国の韓民求(ハンミング)国防相と相次いで電話会談を行い、北朝鮮の核・ミサイル問題に対して日米韓3カ国が緊密な協力を進めることで、それぞれ一致した。

 稲田氏は電話会談後の記者会見で「北朝鮮への対応については、今後もさまざまな機会をとらえて米国、韓国との防衛協力を進めていきたい」と述べた。

 マティス氏との電話会談で稲田氏は「北朝鮮による度重なる挑発行為は断じて容認できない」と非難。マティス氏は「米国は(『核の傘』を柱とする)拡大抑止を含め、あらゆる手段で日本を防衛する」と応じ、日米同盟のさらなる強化を互いに確認した。

 また、韓氏からも「弾道ミサイル発射は世界の安定と平和を脅かす深刻な挑発行為だ」との発言があった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧