安倍首相夫人の昭恵さん、マスコミに不満 「取り上げてもらうのは何かあった時だけ」

 安倍晋三首相夫人の昭恵さんが8日、東京都内で開催された「国際女性デー」(3月8日)にちなんだイベントに出席し、首相夫人としての活動について「海外のいろんなところに行くが、そういうところは(メディアに)あまり取り上げてもらえない。何かあったときだけという感じ…」と語り、マスコミへの不満をにじませた。

 昭恵さんをめぐっては、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題に関し、同学園が開設を予定していた小学校の名誉校長に就任(のちに辞任)したことなどが連日報じられている。

 この日も昭恵さんから森友学園に関する発言が飛び出すのを待ち構える報道陣が会場に集結。昭恵さんは報道陣を前に「一般の方は(首相夫人の活動を)メディアを通してしか知ることができない。いい形で放送していただきたい」と注文することも忘れなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ