北ミサイル 1発は能登半島沖約200キロに落下 日本本土に最も近い可能性

 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、北朝鮮が6日に発射した4発の弾道ミサイルのうち、1発が石川県の能登半島沖約200キロの日本海上に落下したことを明らかにした。ミサイルは射程約1千キロの「スカッドER」だとの見方も発表した。政府はミサイルがこれまでで最も日本本土に接近した可能性があるとみて危機感を強めている。

 菅氏は「高度な監視態勢を維持し、緊張感を持って必要な対応に万全を期している」と述べた。

 また「4発とも東方向に約1千キロ飛翔し、北朝鮮を中心に半円を描くと西日本が射程内に入っている」と説明。核実験を短期間に繰り返している状況や、年間20発以上のミサイル発射を繰り返している経緯に触れ「北朝鮮が新たな段階の脅威であることを今回の発射は改めて明確に示した」と強調した。

 防衛省によると、4発は能登半島北方沖約200~450キロの海域に落下したと推定される。うち3発は日本沿岸から約370キロ(200カイリ)の排他的経済水域(EEZ)内に撃ち込まれたと確認されている。

 ミサイル4発は、南北に80キロ程度の等間隔で落下していたとみられ、日本政府関係者は「連続で同じところに撃ち込める技術は脅威だ」と話している。

 一方、昨年9月に北朝鮮が弾道ミサイル3発を発射した際も、うち1発が北海道の奥尻島沖約200キロの日本海上に落下しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧