公明・井上氏「誤解生じないようにきちんとしてもらいたい」 稲田防衛相の教育勅語是認

 公明党の井上義久幹事長は10日の記者会見で、稲田朋美防衛相が国会答弁で戦前の教育の基本理念を示した教育勅語(ちょくご)を「全くの誤りとは違う」と是認したことについて「誤解が生じないよう、きちんとしていただくことが求められる」と述べた。

 井上氏は、戦後に衆参両院で教育勅語の排除・失効が決議され、日本国憲法の下で教育基本法が成立した経緯を説明。稲田氏の見解について「閣僚だから、教育基本法の考え方にのっとって教育行政が行われるべきだという共通認識があった上での発言だろう」との認識を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧