南スーダンPKO撤収 公明・石田祝稔政調会長「発展に貢献した」と理解

 公明党の石田祝稔政調会長は10日、政府が南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣している自衛隊施設部隊の撤収を決めたことについて、「5年以上、南スーダンの発展に貢献してきた。1つの施設活動に区切りをつけたいということだろう。その通り受け止めたい」と述べ、政府の方針に理解を示した。東京都内で記者団に語った。

 石田氏は、撤収について「さまざまな意見が出ると思うので、説明をしっかりしていただくのが大事だ」とも語った。その上で「1国平和主義ではない日本の国際貢献、わが国だけが良ければよいという考えから大きく脱皮している。国際貢献と活動する人たちの安全の両立をこれからもやっていかなければならない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ