森友学園問題 稲田朋美防衛相「自分の記憶に基づき答弁」「責任を取ることはない」

 稲田朋美防衛相は14日午前の閣議後記者会見で、大阪市の学校法人「森友学園」が起こした民事訴訟に原告側代理人弁護士として出廷したことはないと13日の参院予算委員会で答弁したにも関わらず、出廷を示す裁判所作成の記録が見つかったことについて、「自分の記憶に基づき答弁した。虚偽の答弁をしたことはない」と説明した上で、「この件について、責任を取るということではないと思う」と述べ、自らの責任を否定した。

 稲田氏は13日の答弁について「全く記憶がなかったので、そのように答弁をした。確認はするが、夫が担当していた事件で夫の代わりに裁判所に行ったことはありえるのかと推測できる」と釈明。「事実と分かった場合、答弁との違いは訂正したい」と語った。

 その上で、大阪府豊中市の国有地が、籠池泰典氏が理事長を務めていた森友学園に評価額より大幅に安い価格で売却された問題に関しては、「籠池氏とは面識はもちろんあったが、10年ほど前に大変失礼なことをされて以来、関係を絶っている。国有地払い下げについては関係がない」と強調した。

 稲田氏は13日の参院予算委で「籠池氏の事件を受任し顧問弁護士だったということはない。裁判を行ったこともない」と述べていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧