森友学園問題 稲田朋美防衛相答弁に野党反発、参院予算委が休憩に

 稲田朋美防衛相が学校法人「森友学園」(大阪市)が起こした民事訴訟に原告側代理人弁護士として出廷したことを示す記録が見つかった問題で、14日午前の参院予算委員会が一時休憩となった。出廷を否定した稲田氏の前日の答弁について、野党が「虚偽ではないか」と反発し、発言内容の精査が必要と判断した。

 委員会の休憩中、稲田氏は、国会内の予算委理事会室に与党側理事とともに入った。自身の答弁について説明したとみられる。稲田氏は記者団に「(虚偽の答弁をしたことはないと)記者会見で述べた通りだ」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧