集中砲火の稲田朋美防衛相が「おわび」11連発! 「いまだに出廷の記憶はございません…」

 学校法人「森友学園」(大阪市)の訴訟に関与していないとの答弁を14日の衆院本会議で撤回、謝罪した稲田朋美防衛相は、直後の参院予算委員会で野党の集中砲火にさらされた。民進党の舟山康江氏の質問に対し、稲田氏は「おわび」という言葉を11回も口にし、平身低頭で釈明に終始した。

 詳報は次の通り。

 舟山氏「大臣は森友学園の顧問弁護士を務めていたことがありますか」

 稲田氏「(学園理事長退任の意向を示した)籠池泰典氏との顧問契約に関しては、平成16年10月に夫が顧問契約を締結し、平成21年8月ごろに終了いたしております」

 舟山氏「再度確認いたします。夫ではなくて、稲田大臣ご本人が顧問契約をされておられましたか」

 稲田氏「顧問契約自体は夫個人が締結したものではありますけれども、(弁護士法人に所属していた稲田氏の)責任が全くないとはいえないと思います」

 舟山氏「法人の中の弁護士である稲田朋美弁護士も、顧問契約ということになるんじゃないでしょうか」

 稲田氏「私と全く関係がない、ということではないというふうに思います」

 舟山氏「大臣は、森友学園関係の裁判を引き受け、出廷したことがあるでしょうか」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧