集中砲火の稲田朋美防衛相が「おわび」11連発! 「いまだに出廷の記憶はございません…」

 舟山氏「報道が出なければ逃げ切れたと思っているんですか」

 稲田氏「『逃げ切れた』というか、私もこの報道を見て初めて、平成16年12月9日、第1回口頭弁論期日に出廷したんだな、というふうに推測をしたわけであります。従いまして、『逃げ切れる』とか『逃げ切れない』ではなくて、記憶に基づいて答弁をいたしましたけれども、結果として、出廷していたということが確認できましたので、私自身も、朝。それで、訂正をし、おわびをいたしたいと考えております」

 舟山氏「さきほどから『結果として』と何度も述べられておりますけど、そういう意味では『結果として虚偽答弁』だったんですよ。その重さをしっかりと感じてください。どうですか」

 稲田氏「委員の指摘を重く受け止めて、今後とも誠実な答弁に努め、誠心誠意、職務にあたっていきたいと考えております」

 舟山氏「自衛隊の指揮官としての責任をはたして果たせるのか。ご自身で責任の重さを考えていただいて、しかるべく判断をしていただきたいと思います」

 稲田氏「今後とも誠実な答弁に努め、誠心誠意、職務にあたっていきたいと考えております」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ