PKO日報問題 公明党・漆原中央幹事会会長、稲田防衛相の調査注視

 公明党の漆原良夫中央幹事会会長は16日の記者会見で、「廃棄した」としていた南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報の電子データが陸上自衛隊でも保管されていた問題について、稲田朋美防衛相による調査結果を見守る考えを示した。「まず調査の結果をみて国民にきちんと説明し、不備があるなら直すことが必要だ」と述べた。進退に関しては「調査結果を待ってからだ。今の段階では控えたい」と述べるにとどめた。

 稲田氏が学校法人「森友学園」」(大阪市)をめぐる自身の国会答弁を撤回し、謝罪したことについては「答弁技術の点からうまくなかった。証拠が出てきたので(発言を)『撤回します』というのは少しお粗末だ。国民の不信は免れない」と苦言を呈した。

 同時に「不確実なことはしゃべらない。自分の認識でしっかりしていることを、しっかりしゃべるのが閣僚答弁の仕方だ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧