国内初の公共バス自動化、沖縄・南城市で実験開始

 内閣府は20日、公共バスを自動で走行させる実証実験を沖縄県南城市の公道で始めた。公共バスの自動運行に向けた本格的な実験は国内初。バス停での横付けや障害物を避ける技術を4月2日までの期間で確認し、課題を洗い出して早期の実用化を目指す。

 今回はアクセルとハンドルの操作を車両任せで行う実験で、ブレーキ操作は運転手が担当。前方に障害物を認識するセンサーが付いた定員20人の小型バスを使用。この日は古謝景春(こじゃけいしゅん)南城市長や市民らが乗り、最高30キロ程度の速度で約2キロ走った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧