自民・二階俊博幹事長、4月解散説「その通りにはならない」

 自民党の二階俊博幹事長は21日午前の記者会見で、各種報道機関による最新の世論調査で安倍晋三内閣支持率が下落傾向にあることについて「そうあわてることではない」と述べた。

 産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)による18、19両日の世論調査で内閣支持率は57・4%で、2月18、19両日の前回調査から1・4ポイント減った。読売新聞の今月の調査では、内閣支持率は前月比10ポイント減の56%だった。学校法人「森友学園」(大阪市)に国有地が評価額より大幅に安い価格で売却されていた問題などの影響とみられる。

 二階氏は21日の会見で「50%の支持率というのは大変な支持をいただいてるということにもなる」と述べた。

 与野党内では、森友学園問題や7月の東京都議選をにらみ、安倍首相が平成29年度予算案成立後の衆院解散、4月の衆院選に打って出るとの憶測もあるが、会見で問われた二階氏は「あなたの質問の通りにはならないだろうと思っている」と否定した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧