籠池泰典氏証人喚問 勢いづく民進党・蓮舫代表「幕引きでなく幕が開けた」 野党攻勢…与党は“喚問ドミノ”警戒

 衆参両院の予算委員会で23日に行われた学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏に対する証人喚問。与党は重要法案が多い後半国会を見据えて早期幕引きを急ぐが、野党は政府職員からのファクス内容など籠池氏の新証言を受け、逆に「幕引きでなく幕が開けた」(民進党の蓮舫代表)と勢いづき、安倍晋三首相の昭恵夫人の証人喚問を要求。与党が財務官僚らの国会招致に応じたことで、今後“喚問ドミノ”が起きる可能性も出てきた。

 参院予算委で籠池氏との質疑を終えた自民党の西田昌司氏は、籠池氏が「夫人から100万円寄付を受けた」との証言について、記者団に「信用できない」と断じた。小学校の設置認可をめぐっても、大阪府の問題だとして「国政の場でやるべきことはなくなった」と幕引きをにじませた。

 下村博文幹事長代行は喚問後、昭恵夫人を国会招致する必要はないとの認識を示し、「籠池氏の発言に惑わされるような国会運営をしていても時間の無駄」と強調した。後半国会はテロ等準備罪や天皇陛下の譲位に関する重要法案が多く、「森友国会」に費やす時間はないというわけだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ