森友学園問題 安倍首相、国有地取得の昭恵夫人関与を否定 夫人付職員のファクス回答も「働き掛けでない」

 安倍晋三首相は24日の参院予算委員会において、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏が23日に衆参両院で行われた証人喚問で、首相の昭恵夫人が小学校建設用地の国有地取得に関与したと主張したことについて「(昭恵夫人は)籠池氏から土地の契約に関することは全く聞いていない」と否定した。

 籠池氏は証人喚問で、昭恵夫人に対し国有地の定期借地契約の期間延長に関して「助け」を電話で依頼し、昭恵夫人付職員より「希望に沿うことはできない」とのファクスが送られたと話していた。首相は、職員の回答は「制度上、法律上どうなっているかとの問い合わせであり、依頼とか働き掛け、もちろん不当な圧力では全くない。土地の売買や小学校の認可には全く関わりない」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ