森友学園参院予算委(10完)首相、籠池泰典氏の妻のメール「妄想だ」 社民・福島瑞穂氏「昭恵首相夫人の反応は怪しい」と発言し取り消し

=詳報(9)から続く

 《共産党の質疑では、小池晃書記局長の後に立った辰巳孝太郎氏に対し、麻生太郎副総理兼財務相が持ち前の「べらんめえ」調で“すごむ”場面があった。発端は、自民党麻生派に所属する鴻池祥肇(よしただ)元防災担当相の事務所が作成した面談メモ。メモには籠池泰典氏側との接触が記録され、共産党が3月1日の参院予算委で鴻池氏の名前を伏せて内容を公表したものだ》

 辰巳氏「先ほど(麻生)財務相は、鴻池さんのメモについて、全て事実だと確認したと言っている。この間は、理財局長含めてあの文書がどこのものかがわからないと。インターネットで出ているようなものについては、この鴻池メモにさまざま財務局はじめ航空局の職員の皆さんの名前も出てきているが、いちいち確認することはしない。こう言ってきた。今まさに財務相がその事実を確認したということですから、確認をしていただけますね」

 麻生氏「都合のいいようにあまり勘違いしてもらっては困るんだけど。ね。私は鴻池さんに『このメモ、おたくのメモが出た』と。訳の分からないところからメモを取ったと(共産党が)偉そうに言っていたからね。ちょっと待ってくださいと聞いたら、メモはちゃんと、メモは、名前は明かせられないと(共産党が)ワンワン言っていたじゃないですか。俺は偉そうに聞こえたんだから、しようがない。だろ? いつも人をこうやって、指さしてしゃべってるじゃん、偉そうに。ね。さっきもしゃべってたじゃないですか。失礼だろ、それは。そうやってワンワン指さしてやっているんだから。だから、はっきりさせようや。私が言っているのは、鴻池さんに『このメモはだれか分からん』と言うけども、(鴻池氏が)『自分だ』と言うから、(私が)『自分ですか』と言ったら、『そうだ』と言うから、(先ほど)そうだと答えただけですよ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ