首相が籠池泰典氏証言を全面否定「事実に反する」 昭恵夫人と籠池氏妻のメール読み上げ「関与ない」強調

 安倍晋三首相は24日の参院予算委員会で、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏が証人喚問で証言した昭恵夫人による国有地払い下げへの関与や寄付などを全面的に否定した。自民党は昭恵夫人と籠池氏の妻との間で最近行われたメールのやり取りを公開。首相も読み上げ、昭恵夫人が寄付について「記憶がない」と問い合わせても回答がないことから「メールを見れば(寄付などがなかったことが)よく分かる」と強調した。

 首相は、籠池氏が23日の衆参両院予算委の証人喚問で、昭恵夫人と2人だけの場で「100万円の寄付」を受けたと主張した点について「密室のやり取りなど反証できない事柄を並べ立て、事実と反することが述べられたことは誠に遺憾だ」と批判した。

 籠池氏は、小学校建設用地として取得した国有地の定期借地契約の期間延長に関し昭恵夫人に「助け」を電話で依頼したと証言した。これに対しても、首相は「妻は土地の契約に関する具体的な内容を全く聞いていない」と関与を否定した。また、籠池氏とのやり取りは昭恵夫人付の政府職員が行ったと説明し、職員が籠池氏に「希望に沿うことはできない」とのファクスを送ったことには「制度上、法律上どうなっているかとの問い合わせだ。働き掛け、不当な圧力では全くない」と述べた。「払い下げに妻が関与したことにはならない」とも強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ