蓮舫氏「私、怖くないし…」 追及疑似体験ゲーム「VR蓮舫」への反響に驚き

 民進党の蓮舫代表は30日の記者会見で、動画サイト主催のイベント「ニコニコ超会議2017」に出展予定の「VR(バーチャルリアリティー=仮想現実)蓮舫」がインターネット上で話題になっていることについて「正直、反応がこんなに大きくなると思っていなかった」と述べた。

 「VR蓮舫」は、専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会審議での蓮舫氏の追及を疑似体験できるゲーム。「こんなところで遊んでいる暇がどこにあるというのか、教えてください!」などと激しく“口撃”されても、首相役として動揺せずに平常心を保てるかを試される内容だ。

 イベントの公式サイトは「アナタは蓮舫の追及から逃れることができるか…」「多くの大臣が味わった蓮舫の追及をアナタは耐えられるか…」とおどろおどろしく紹介。旧民主党の公認キャラクター「民主くん」が自身のツイッターでPRしたことで拡散され、ネット上で話題となっている。

 大きな反響は蓮舫氏自身、意外だったようで、会見で「そんなに反応するような内容なのかな、というのが率直なところだ。べつに私、怖くないし…」と驚きを隠さなかった。

 ただ、ツイッターなどでは「やってみたい」「面白い発想だ」などと好意的に受け止められている一方、「他にやることがあるだろう」「こんなことで気を引こうとするなんて国民をなめている」といった批判的な投稿も目につく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ