教育勅語「教材否定せず」 民進・蓮舫代表が批判「驚愕した。戦前に戻るかのような使い方をしてはいけない」

 民進党の蓮舫代表は1日、教育勅語の学校での取り扱いをめぐり、政府が「教材として用いることまでは否定されない」とする答弁書を決定したことを批判した。「驚愕(きょうがく)した。教育勅語は衆参両院で戦後すぐに失効が議決されている。戦前に戻るかのような使い方をしてはいけない、と政府は言うべきだ」と述べた。さいたま市内で記者団の質問に答えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ