北朝鮮ミサイル 稲田防衛相「特異な高度ではなかった」迎撃困難な「ロフテッド軌道」ではないとの認識

 防衛省は5日、北朝鮮東岸の新浦付近から同日午前6時42分ごろ、1発の弾道ミサイルが北東に向けて発射され、約60キロ飛翔して東岸沖の日本海に落下したとみられると発表した。

 稲田朋美防衛相は弾道ミサイルの軌道について「詳細は分析中だが、特異な高度ではまったくなかったと認識している」と強調し、通常よりも高い高度に打ち上げて迎撃を難しくする「ロフテッド軌道」ではないとの認識を示した。

 弾道ミサイルの種類については「所要の情報をもとに総合的、専門的な分析を慎重に行う必要があり、詳細は分析中だ」と述べるにとどめた。防衛省で記者団の取材に応じた。

 また、発射の意図について稲田氏は、現在実施されている米韓合同軍事演習などを念頭に「何らかの訓練、弾道ミサイル開発活動の一環の可能性がある」と語り、「わが国および地域の安全保障に対する明らかな挑発行為で、断じて許すことはできない」と北朝鮮を強く非難した。

 防衛省・自衛隊は、稲田氏による「引き続き、情報収集・警戒監視に万全を期せ」との指示に基づき、幹部会議を開くなどして対応にあたっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧