北朝鮮ミサイル 稲田防衛相・ぶら下がり詳報「わが国の平和と安全の確保に万全を期す」

 稲田朋美防衛相は5日午前、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受け、防衛省で記者団の取材に応じた。詳報は以下の通り。

     ◇

 「私から、現時点までに得られた諸情報を総合的に勘案致しますと、北朝鮮は本日6時42分ごろ、北朝鮮東岸の新浦(シンポ)付近から1発の弾道ミサイルを北東方向に発射したとみられます。発射された弾道ミサイルは約60キロ飛翔し、北朝鮮の東岸沖に落下したものと推定されます」

 「北朝鮮による核・ミサイル開発の継続、また累次にわたる弾道ミサイル発射はわが国および地域の安全保障に対する明らかな挑発行為であり、断じて許すことはできません。また、弾道ミサイル技術を使用したいかなる発射も行わないことを北朝鮮に義務づけた関連の安保理決議にも明白に違反をしております」

 「防衛省・自衛隊としては、総理の指示をふまえ、引き続き米国、韓国とも緊密に連携をして、重大な関心をもって情報の収集分析に努め、わが国の平和と安全の確保に万全を期す所存でございます」

 「なお、詳細は分析中ですけれども、発射された弾道ミサイルの高度は特異な高度ではまったくなかったという風に認識を致しております。さらに弾種ですけれども、所要の情報をもとに総合的、専門的な分析を慎重に行う必要があり、詳細は分析中でございます」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ