安倍晋三首相がトランプ米大統領と電話会談 シリア攻撃「米の関与を高く評価」

 安倍晋三首相は9日午前、トランプ米大統領と電話会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、日米韓の結束が重要との認識で一致した。米軍によるシリア攻撃ついても協議し、安倍首相は、トランプ氏に対し「同盟国や世界の平和と安全のために強く関与していることを高く評価している」と伝えた。会談時間は約45分間。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ