中川俊直衆院議員が21日中にも自民党離党届提出へ 女性問題で

 女性問題で経済産業政務官を辞任した自民党の中川俊直衆院議員(46)=広島4区=が離党する意向を固めたことが21日、分かった。与党幹部が明らかにした。同日中にも執行部に離党届を提出する見通し。

 既婚の中川氏は週刊誌に不倫やストーカー行為を報じられることが発覚し、18日に政務官を辞任した。18日と20日のフェイスブックに「不徳の致すところだ」と釈明していたが、記者会見などは行っていない。

 中川氏に対しては、政府・与党内からも「離党すべきだ」との声が強まっていた。国会審議にも影響を与えており、21日午前の衆院経産委員会は、民進党などが中川氏の政務官辞任について説明を求め、開催が取りやめとなった。参院経産委員会も20日の審議が取りやめとなっていた。

 自民党の二階俊博幹事長は21日の記者会見で、中川氏の離党について、「私の独断で決めることではない」と語った。議員辞職については「本人が考えることだ」と述べるにとどめた。高村正彦副総裁は21日の党役員連絡会で「政府・与党から、批判をあびるような人を出さないよう今後ひとりひとり身を律する必要がある」と戒めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧