安倍晋三首相「パリ一番の目抜き通りでのテロに衝撃」 仏大統領にお見舞いメッセージ

 安倍晋三首相は21日、フランスのパリ中心部シャンゼリゼ通りで男が警察官を銃撃し、3人が死傷した事件を受け、同国のオランド大統領に対し「日本と日本国民を代表して犠牲者のご遺族に対し、心からの哀悼の意を表するとともに、負傷者の方々にお見舞い申し上げる」とするメッセージを送った。

 首相は「パリ一番の目抜き通りでテロが起きたことに衝撃を受けている。このようなテロは文明世界全体に対する攻撃で、断固非難する」と強調。また、「日本は引き続きフランスを含む国際社会と手を携えてテロと戦っていく。われわれの結束は、いかなるテロリズムにも勝ることを、フランスとともに世界に示していきたい」とする考えを伝えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧