【小池知事会見】「総理から『お手柔らかにお願いします』と声をかけられた」

 《21日午後2時から都庁会見室で》

 【冒頭発言】

 「皆さん、こんにちは。今日、私の方から、まず4本お伝えする項目がございますので、そこから始めさせていただきます」

 「先日お伝えしたと思いますけれども、『快適通勤プロモーション協議会』、この開催が決まりました。こちらの方は、第1回の日付が4月28日(金曜日)、東京駅の前の、丸ビルホールで開催いたします。この協議会ですけれども、多くの方々に快適な通勤を実感してもらうということを目的といたしております。『快適通勤ムーブメント』という名前を付けております」

 「協議会の方でございますけれども、これまでにムーブメントの趣旨に賛同いただく、そういった民間企業や鉄道事業者、そして国の関係者などがご参加いただけることとなっております。当日は、私から夏のムーブメントの実施の時期、それからロゴなどを発表することといたします。それから、鉄道事業者、民間企業から、混雑緩和に向けたさまざまな先行的な取組について紹介をしていただくということといたします」

 「この協議会を皮切りといたしまして、さらに多くの賛同者を募りまして、このムーブメントの輪を広げてまいりたいと考えております」

 「できるだけフレックスタイムにするとか、早く出勤をした方にはいろいろなサービスが付くとか、各社で今お考えいただいているようでございます。記者の皆さんは、あまりこういうのは縁遠いかもしれませんけれども」

 「私もかつて学生時代に降りたい駅で、満員電車で降りられなかったことから、定時に通勤する仕事には就かないと決めた結果、アラビア語通訳という全然別の道を選びました。もっとも、エジプトの満員バスは、これは殺気立っていますから、日本以上にひどいところもございまして、みんな屋根に乗りますし、窓から降りたりしますし、すごいですよ。日本の快適通勤をしっかり確保していきたいと思っております」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ