自民・二階俊博幹事長、女性問題で離党の中川俊直氏の対立候補擁立急がず

 自民党の二階俊博幹事長は24日の記者会見で、女性問題により経済産業政務官を辞任し自民党を離党した中川俊直衆院議員=広島4区=について「いますぐ自民党が候補者を立てることは考えていない」と述べ、次期衆院選で中川氏の対立候補となる選挙区支部長の選任を急がない考えを示した。「自民党は最後まで責任を負うべきだ。本人の行動を注視しながら、再起を図れるように期待したい」とも語った。

 二階氏は当選2回の中川氏を含め衆院当選1、2回生向けに選挙塾を開いたことがある。中川氏の不祥事を受けて再発防止に乗り出すかを問われ「あんなことがあったからといって、自民党議員がみんな悪いのではない。この際、みんなを集めて勉強会をするつもりはない」と否定した。

 これに先立ち、菅義偉官房長官は政府与党協議会で中川氏に関し「ご迷惑をかけ、おわびする。緊張感を持って取り組みたい」と謝罪。公明党の井上義久幹事長は、「政務官の相次ぐ辞任、大臣の撤回せざるを得ない発言について、政権の緩みと国民から受け止められないようにしなければならない」と苦言を呈した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧