民進は口を開けば「共謀罪」 自民は不倫で本会議欠席…北朝鮮危機にも「ノー天気」な国会議員 それでいいのか

 【政界徒然草】

 トランプ米政権が、核・ミサイル開発で挑発を続ける北朝鮮への攻撃も辞さない態勢をとる中、日本の国会は相変わらず「ノー天気」だ。まさか朝鮮半島の危機を目の前にして、米朝間による対岸の火事と思っているわけではないだろうが、この間の国会の論戦などを見ていると、与野党ともに「こんな国会議員たちに日本の外交・安全保障を任せていていいのか」と思わざるを得ない。

 例えば、安倍晋三首相も出席して行われた4月17日の衆院決算行政監視委員会の質疑だ。前日の16日、北朝鮮は弾道ミサイル1発を発射した。15日の金日成主席生誕105年の記念日に軍事パレードを行った直後で、失敗に終わったとはいえ、明確な威嚇行為だった。

 だが、民進党にとって北朝鮮情勢は些事のようだ。民進党として最初に質問に立った石関貴史氏は冒頭、さすがに北朝鮮情勢について「大変不安だ」と述べ、外交・安全保障について尋ねた。しかし、その中身は米国がシリアに行った攻撃について日本に事前通告があったか否かの話が中心だった。北朝鮮有事に日本としてどのように具体的に対応するのかといった詳細には踏み込まず、10分程度で別の話題に移った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ