首相「被災地の皆さまに深くおわび。任命責任は私にある」 新復興相に福島県出身の吉野正芳氏

 東日本大震災の被害に関して不適切な発言をした責任を取り、辞任の意向を固めていた今村雅弘復興相は26日、安倍晋三首相に辞表を提出し、受理された。後任の復興相は福島県出身の吉野正芳・衆院東日本大震災復興特別委員長が正式に就任した。反発する野党は安倍首相の任命責任を追及、この日の国会審議はストップした。

 首相は同日、今村氏の発言について、官邸で記者団に「被災地の皆さまのお気持ちを傷つける極めて不適切な発言だ」と述べ、「首相として改めて被災地の皆さまに深くおわびを申し上げる。任命責任は私にある」と謝罪した。

 吉野氏は就任後の記者会見で「現場主義を徹底し、被災者に寄り添い、司令塔の役割を果たしつつ、被災地の復興に全力を尽くす」と意気込みを語った。安倍首相は吉野氏に、被災者の心と体の健康の維持や新しい東北地方の創造、被災者の早期帰還の実現などに取り組むよう指示した。

 一方、今村氏は辞表を提出後、記者団に「東北の皆さま方には大変なご迷惑をおかけし、傷つけてしまった。私の不徳の致すところであり、誠に申し訳ありません。心からおわびを申し上げます」と述べ、深々と頭を下げて謝罪した。

 今村氏は25日、東日本大震災に関し「まだ東北で、あっちの方だったから良かったけど、もっと首都圏に近かったりすると甚大な被害があった」などと発言。その後、謝罪していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ