豊洲やっぱりカジノ!? 小池都知事を忖度か…この期に及んで「豊洲」「築地」両論併記のナゼ

 築地市場(東京都中央区)の豊洲新市場(江東区)への移転問題で、都の市場問題プロジェクトチーム(PT)が公表した報告書の素案は、決断を先送りしている小池百合子知事を忖度(そんたく)するかのような「築地」「豊洲」の両論併記だった。小島敏郎座長らが私案として出した築地改修案には、委員からは「実現性に乏しい」と批判が噴出した。中国など外資企業に豊洲を売却するのではとの疑心暗鬼もくすぶる。

 築地で水産仲卸業を営む生田与克(よしかつ)氏ら都民7人は26日、「昨年11月の豊洲移転延期以降、1日約500万円の維持管理費が生じている」として、小池知事らに計3億6000万円の返還を求める住民監査請求書を都に提出した。

 専門家が科学的に安全としている豊洲への移転が進まないことに市場関係者が業を煮やしている様子がうかがえるが、都のPTではいまだに築地改修案が取り沙汰されている。

 施設内に売り場の仮設地を確保して業者の部分的な移転を繰り返すというもので、工期は7年で費用は734億円としている。委員からは「10年以上かかる」「工事スペースの影響で市場業務に混乱が生じる」などの批判が相次いだ。

 改修案では、築地を残す一方、ほぼ完成している豊洲市場を解体、売却するとしている。

 豊洲市場売却について小池知事の本心は不明だが、豊洲は都心で大規模に有効活用できる数少ない土地として、企業各社から注目を集めているともいわれる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧