憲法施行70年 民進・蓮舫代表が安倍首相を猛批判「自分のレガシーのために改憲したいのでは」

 民進党の蓮舫代表は3日、安倍晋三首相が平成32年の憲法改正に強い意欲を示したことについて、「自分のレガシー(遺産)のために改憲をしたいのではないか」と批判した。都内で記者団に語った。

 蓮舫氏は、首相が憲法9条に自衛隊の存在を明記した条文を追加する方針を示したことについても「緊急事態条項や教育無償化、今度は自衛隊。毎回言うことが違う。なんのために誰のために憲法改正するのか見えない」と指摘した。

 一方、憲法改正に関する民進党の姿勢を問われると「(首相の判断で行う衆院の)7条解散の制限や、地方主権のあり方をどう担保するかなど緊急性が高く、国民理解が得られるものは議論する方向になっている」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ