「都民ファーストの会」が公約発表 知事の反問権など議会改革が柱 議員公用車廃止や政務活動費での飲食禁止も…

 東京都の小池百合子知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」は3日、夏の都議選(6月23日告示、7月2日投開票)に向け、議員公用車の廃止や政務活動費での飲食禁止などを含む議会改革を柱とした公約を発表した。また、都議会では過去25年で議員提案による条例制定が1本だけであることから、「議会としての立法機能を放棄してきた」と批判。知事の反問権導入などを盛り込んだ議会改革条例制定を議員提案で目指す。残りの公約も今月中に発表する。

 同日、都内で開かれた都民ファーストの会の全体研修会で講師を務めた小池氏は全候補者を前に、これまでの都議会での経験を踏まえて「都議会では条例は普通、都庁側が作るが、もっと議員から提案すべきではないかと感じている」と指摘。「議員提案の条例ができるくらいの意志を持って、東京を世界で最もすばらしい首都にしていただきたい」と呼びかけた。

 公約では「都議会の悪しき慣習を一掃し、議員自らが身を切る改革を貫徹する」と宣言。都議選後100日以内に、議員特権となっている議員公用車廃止と政務活動費による飲食禁止を実現するとしている。

 また、議会改革条例制定については知事の反問権導入の他に、公聴会などを通じた住民参加▽議会資料のペーパーレス化▽常任委員会のインターネット中継実施-なども盛り込んだ。小池氏が「改革の1丁目1番地」と位置づける情報公開を促進していく。

 都民ファーストの会はこれまで39人の公認候補擁立を発表、9人の推薦を決めており、今後も候補者擁立を進める。公明党との選挙協力を行うなど、小池氏支持勢力での過半数確保を目指している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧