安倍首相vs蓮舫代表 蓮舫氏は「二枚舌」「ダブルスタンダード」「理解できない」と追及したものの…

 参院予算委員会で9日、安倍晋三首相と民進党の蓮舫代表が憲法改正などをめぐり激論を交わした。首相は民進党に憲法改正で具体的な提案をするよう求めたが、蓮舫氏は答えずじまい。「二枚舌」「理解できない」と首相への批判に終始した。主なやり取りは以下の通り。

蓮舫氏「民進党の、蓮舫です。まず昨日の衆議院予算委員会における首相の『読売新聞を熟読しろ』発言。立法府軽視であり、到底容認できません。読売新聞の単独インタビューを受け、改憲の意向を表明したけれども、国会では首相だから説明しない。総裁としての考えは読売新聞を熟読しろ。国民の代表機関である国会で説明する責任を放棄していますが、撤回を致しますか」

首相「憲法改正については、内閣として改正原案を提出する考えはなく、国会の憲法審査会で各党各会派が議論すべきものであろうと考えています。私は今、行政府の長である内閣総理大臣としてこの場に立って答弁をしているわけでございます。まさに、政府の方針などについて、内閣総理大臣として答弁する義務を負っているわけであり、自民党総裁として一政党の考えを披瀝(ひれき)すべきではない、と考えているわけであります。これは国会軽視ではなく、私はむしろ憲法審査会で各党各会派による国会の議論が深まることに期待をしています」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧