北ミサイル 対北、緊密連携で一致 日韓防衛相が電話会談

 稲田朋美防衛相は15日午前、韓国の韓民求(ハンミング)国防相と電話で会談し、北朝鮮による14日の弾道ミサイル発射を受け、情報共有など引き続き緊密に協力して対応していく方針で一致した。

 稲田氏は文在寅(ムンジェイン)政権との間でも連携を強化したい考えを伝達。韓氏はミサイル発射を「国際社会の平和と安全に対する重大な脅威だ」と非難し、日本や国際社会と協力する考えを述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ