「女性宮家創設」付帯決議の記載へ訴え強める民進党 蓮舫代表「早急な検討、決議に書き込むべき」

 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが婚約の準備を進められていることで、民進党が、皇位継承の安定性確保のためとする女性宮家創設に関する訴えを強めている。天皇陛下の譲位を可能にする特例法案に関連し、女性宮家に関する記述を付帯決議案に盛り込むよう求める声も勢いを増した。

 蓮舫代表は17日の党参院議員総会で、眞子さまへの祝意を述べた上で「皇族の減少という現実に、私たちは直面している」と強調。「女性宮家の早急な検討を期限を区切って行うべきだと政府に提言している。付帯決議には、この問題意識を共有してしっかりと書き込むべきだ」と訴えた。

 安住淳代表代行も17日の記者会見で、民進党が女性宮家創設検討を提唱してきたことに触れ「皇族が栄えることを考えれば、やはり議論を急いだほうがいい」と重ねて指摘した。付帯決議案に関しても「(女性宮家に関する)考えをぜひ盛り込んで、各党が真摯に皇族の将来について話し合ったほうがいい」と語った。

 一方、衆院議院運営委員会は17日の理事会で、特例法案を同委員会で審議することを正式に決めた。審議には大島理森議長と川端達夫副議長が陪席する。少数会派も審議に参加できるよう配慮し、委員がいない自由、社民両党には、自民党が委員の割り当てを譲る。

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は17日の会談で、特例法案の審議に入る前に付帯決議案を野党とまとめるよう努力することを確認した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧