「継続性見いだせば豊洲移転近づく」 都民ファースト・音喜多幹事長

 「都民ファーストの会」都議団の音喜多駿幹事長は23日、都議会特別委員会で、豊洲市場への移転問題について「市場の継続性で打開策を見いだすことができれば、豊洲移転という総合判断にも近づく」と述べた。

 音喜多氏は都の市場問題プロジェクトチーム(PT)座長の小島敏郎氏が掲げる築地市場再整備案に関して質疑を行い、「資金ショートを回避するのは大変厳しいのではないかという見通しが示された」と指摘。一方、豊洲市場の土壌汚染対策を検証する専門家会議が追加対策案をまとめたことについては「一定の方向性で集約されつつある」と評価した。

 その上で、PTや専門家会議の議論を踏まえ市場問題の課題を検討する「市場のあり方戦略本部」に対して「豊洲市場の収益改善の可能性について検討、議論を積極的に進めていくことが望ましい」と訴えた。

 小池氏と連携する公明党の栗林のり子議員は「知事が早期に豊洲市場移転に向け総合的判断を行えるよう、戦略本部がスピード感を持って総力を挙げ取り組んでほしい」と要望した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ