小池知事、自民に離党届 都議選へ退路断つ

 東京都の小池百合子知事は1日の会見で、自民党に離党届を提出したと明らかにした。同日、地域政党「都民ファーストの会」の総決起大会で代表に就任したことも発表。小池氏は総決起大会で離党について、「東京大改革を進めるために決意を示した」と述べた。7月の都議選を前に退路を断ち、自民との対決姿勢を鮮明にした。自民党の党紀委員会は今後、離党届を受理するか、受理せずに処分するかを決める。

 共同通信社が5月27、28両日に行った世論調査では小池氏支持が63%と高い一方、支持層のうち都議選で都民ファーストを投票先に選んだのは17%。小池氏には離党で自らの立場を明確にし、都民ファーストの支持につなげたいとの思惑があるとみられる。

 小池氏は昨夏の都知事選出馬表明後、自民に進退伺を提出。この日の会見では「なかなか決めてくれないのでこちらから離党届を出した」と自民を牽制(けんせい)した。事前に自民党の二階俊博幹事長に離党届提出の意向を伝えた際には、「頑張ってください」と声を掛けられたとも明かした。

 安倍晋三政権については「五輪という共通の目的があり、敵対しても得策ではない。大人の対応をする」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧