自民・二階俊博幹事長が小池百合子都知事を批判 「あっちの選挙、こっちの選挙…知事の最大の仕事は豊洲移転問題だ!」

 自民党の二階俊博幹事長は2日のTBS番組収録で、小池百合子東京都知事が豊洲市場(江東区)への移転問題の結論を先送りにしていることを批判した。

 二階氏は「いい加減に早く決めろという声が起きている。これにどうお応えになるかだ」と指摘した。その上で「あっちの選挙、こっちの選挙と構っている場合じゃない。知事としての最大の仕事はこれではないか」と語り、地域政党「都民ファーストの会」の代表に就いて都議選(7月2日投開票)で自民党との対決姿勢を強める小池氏を牽制(けんせい)した。

 二階氏は、小池氏が1日に自民党に離党届を提出したことについても「初めから腹を決め、東京都民に一番アピールできる時期を狙って考えていたのだろう。何も驚いていない。目立つことだったらなんでもなさる」と突き放した。離党届の扱いについては「まだ手の内を申しあげるわけにいかない」と述べるにとどめた。

 小池氏が国政で新党を結成した場合の対応についても「十分戦う」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧