東京都議選 民進・蓮舫代表「明確なのは非自民、反自民だ」

 民進党の蓮舫代表は4日、東京都議選(7月2日投開票)に向けた党の立ち位置について「明確なのは非自民、反自民だ」と述べ、自民党との対決姿勢を明確にした。都内で記者団に語った。

 蓮舫氏は豊洲市場(江東区)の移転問題に触れ、「誰がどこで決めたか分からない、いわゆる水面下の政治はやめるべきだ」と強調し、「都民が知っている所で決められる都政が反自民の争点だ」と語った。

 豊洲問題をめぐる民進党の都議選公約は、汚染物質の検出など追加対策が実施されなければ移転は認めないとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧