民進・蓮舫代表「自分のために憲法を変えたいのか」と安倍晋三首相を“口撃”

 民進、共産、自由、社民の4野党党首が8日、国会内で会談し、安倍晋三政権下での憲法9条改正に反対することで合意した。次期衆院選に向けて4野党が協力して候補者調整を行い、調整できれば順次発表することも申し合わせた。民進党の蓮舫代表は、党内に共産党へのアレルギーがあるにもかかわらず、共闘路線に突き進む姿勢を示した。(奥原慎平)

 「安全保障関連法が強行採決されたときから、国民の大きな思いは『9条は守ってもらいたい』というところにあると思う」

 蓮舫氏は8日の記者会見で、憲法9条改正に反対する考えをこう強調した。また「安倍首相は口を開くたび改憲したい条文が変わる。自分のために憲法を変えたいのか」とも述べ、党首会談の合意文書にあえて憲法「改悪」の文言を使ったと説明した。

 蓮舫氏は党首会談の合意事項について「私から提案した」と語ったが、会談で配られた合意文書案は、共産党が根幹部分を作成したものだった。

 共産党は、綱領に「自衛隊の解消」を掲げ、「9条に自衛隊の存在明記」という首相提案に反対する。同党の志位和夫委員長は会談で「4野党で合意が得られたのは大変重要だ」と誇ってみせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ