避難情報、スマホでも ミサイル備え、専用ページ開設

 政府は、弾道ミサイル攻撃を受けた際の身の守り方や情報伝達の仕組みを説明した内閣官房の「国民保護ポータルサイト」に、スマートフォン向けの専用ページを開設した。北朝鮮がミサイル発射を繰り返し、国民の関心が高まっているとして、手元のスマホで簡単に見られるよう対応した。

 国民保護サイトの閲覧件数は、沖縄県上空を北朝鮮の弾道ミサイルが通過した昨年2月以降、月30万~40万件程度で推移していたが、北朝鮮情勢が緊迫化した今年4月は約930万件と急増。5月も約240万件あった。一方で「パソコン用なので、スマホでは字が小さく見づらい」との指摘が寄せられていた。

 専用ページはスマホ画面に大きさを合わせたため「頑丈な建物や地下に避難」「地面に伏せて頭部を守る」などの注意点が見やすくなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧