「18歳選挙権」施行1年 若者は「自分の意見反映の機会」「選挙身近に」

 23日告示の東京都議選から選挙権を得る若者、昨夏の参院選で初めて選挙権を得た若者。それぞれの目に「18歳選挙権」は、どのように映っているのか。

 早稲田大1年の松本咲さん(18)=東京都世田谷区=は、都議選で初めて選挙権を得る。投票日直前に留学で海外に出発するため、期日前投票をするという。「選挙は自分の意見が反映されるチャンス。社会の一員として認めてもらえる気がして、わくわくしている」と話す。

 昨夏の参院選では「18歳選挙権」に大きな注目が集まり、若者に目が向けられた。しかし、最近は取り上げられることが少なくなったと感じており、「もう少し長い目で注目してもらえたら」と注文した。

 昨夏の参院選で初めて投票した青山学院大2年の中西容子さん(19)=府中市=は今回も投票に行く予定だ。「これから社会に出ていく私たちの声を聞いてほしい」と思うから政治には「透明性の高さが重要だと感じている」と強調。

 同じく参院選で初めて投票権を得た慶応大2年、富樫泰良さん(20)=港区=は「参院選は法改正後初の選挙だったから、若者対策が一つの目玉になっていて、選挙が終われば約束は守られないと思っていた。だけど、その後も給付型奨学金など若者向けの政策を進めてくれた」と投票の価値を感じたという。

 都議選についても「若者向けの政策や、逆に将来は重荷になりかねないような政策も出てきており、これは投票に行かなきゃと思った。参院選、(昨年7月の)都知事選を経て選挙が身近になった」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ