鈴木宗男・貴子父娘が登場 貴子氏「鈴木宗男の恐ろしいところ」「共産党と組むことは北方領土問題解決を諦めるのと同じ」

 【単刀直言】鈴木宗男・貴子父娘が登場(上)

 政治団体「新党大地」の鈴木宗男代表は4月30日、5年ぶりに公民権を回復し、次期衆院選への出馬が取り沙汰されている。長女で無所属の鈴木貴子衆院議員とともに、次期衆院選の青写真や北方領土問題、父と娘の政治家人生を語ってもらった。(小川真由美、石鍋圭)

 宗男氏 安倍晋三総理の日露外交のやり方は正しいと思う。総理は私が関わった橋本龍太郎、小渕恵三、森喜朗各政権での日露外交をさらに幅を持って進めている。領土や国境の画定はトップの判断です。安倍政権の支持率は5割以上あり、ロシアのプーチン大統領も8割超の支持がある。この巡り合わせを生かすしかないし、両首脳の信頼関係もしっかりしている。総理にしか日露平和条約は結べない。

 平成27年12月22日、首相官邸での内閣制度発足130年の記念式典に歴代官邸勤務経験者が招かれた際、総理から「たまには官邸に来てください。話したいこともあるし、昔話もしたい」と話しかけられました。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ